とどりこのポケモンブログ

ポケモン対戦勢に役立つ情報を届けるブログ「とどポケ」

ヨロイビギニング3位構築【最終1851】

 

ヨロイビギニングで使用した構築の紹介です。 

使用構築
f:id:todorico:20200727212035j:plain

成績
f:id:todorico:20200728004427j:plain

 

レギュレーション

 

 

構築経緯

暇さえあればバトンタッチしたい思考なので、ペンドラーを使おうと思いました。
殻猫さんが通常レートで使用していたペンドラーバトンが強いと思い、ヨロイビギニング用にアレンジするところから組み始めました。

 

サブロム使用構築  22勝7敗 最高1733 最終1686(421位)

f:id:todorico:20200728002420j:plain

エアームド 陽気 H4 A252 S252
ペンドラー 意地 H236 A236 B12 D12 S12
ハピナス 図太い B252 C252 S4
ギャラドス 意地 H4 A252 S252
ジバコイル 臆病 B4 C252 S252
ウーラオス 陽気 H4 A252 S252

 

エアームドorウーラオスorジバコイル + ペンドラー + ハピナス で全抜きを狙うパーティです。
裏選出はウーラオスに強い軸にしたいと思い、ギャラドスを入れました。

ダイマ飴を1匹にも使っていないミスに気づいたので、パーティを改善してメインロムで挑み直すことにしました。

 

問題点
・予想以上にウーラオスが多く、耐久バトンは確定急所の相手に対し不安定だった。
・ギャラドス選出の方が強くて安定していたが、メタモン入りの受けループなどにはペンドラー軸を出さざるを得なかった。
・エアームドのバンジのみは全く役に立たなかった上に、ブレバで自主退場できない弊害の方が目立った。
・「チョッキギャラドス硬くてつえー」と思っていたがダイマ飴を与えれば同程度の耐久を確保できるので、沢山打たれる電気技への抵抗力をつけたほうが良かった。

 

これらをもとに組み直したメインロム用のパーティがこちら。

f:id:todorico:20200727212035j:plain

ポリゴンZ 臆病 C252 S252 
ジバコイル 臆病 B4 C252 S252
ギャラドス 意地 H4 A252 S252
ウーラオス 陽気 H4 A252 S252
ポリゴン2 穏やか H228 B12 C4 D36 S228
エアームド 陽気 H4 A252 S252

 

バトンタッチから組み始めて裏選出の方が強くなりバトン軸を解雇するといういつもの流れになりました。

 

 

個別解説

エアームド

f:id:todorico:20200727231959j:plain
陽気 H4 A252 S252
141-132-160-c-90-134

超優秀な起点作り役。他のステロ役と違ってウーラオス対面でも仕事ができます。

ステロでギャラが襷カウンターや頑丈ジバコイルに止められるリスクをなくし、岩石封じで相手のSをギャラドス未満にしてダイジェットの起点を作ります。

ラムのみは、あくび展開や眠り粉を防いだり、頻繁に撃たれる放電やフレアドライブなどの追加効果に怯えずに済んだり、大活躍した最強アイテムでした。

吹き飛ばしは鉄壁ジバコイル等を流すのに重宝しました。

A252ブレバ持ちなので殴り合いも強く、ギャラのダイジェット圏内に押し込みやすいところも強かったです。

 

ギャラドス

f:id:todorico:20200727231947j:plain
意地 H4 A252 S252
171-194-99-c-12-133

最強エース。8割くらいは選出して大活躍しました。

ソクノのみでウーラオスの珠ダイサンダーを耐えてそのまま全抜きすることが多々ありました。

アイアンヘッドはダイスチルでアクセルロック圏外に逃げるために採用しましたが、大して活躍しなかったのでウィップでも良かったと思います。

 

ウーラオス

f:id:todorico:20200727231956j:plain
陽気 H4 A252 S252 (通常ダイマックス)
175-182-121-c-80-163

タイマン最強ポケモン。

ギャラのダイストリームで雨にしておくと、実質鉢巻水流連打や鉢巻アクジェが撃てて、対面性能が更に上がります。

ウーラオスはギャラが起点にできないポリ2を引かせられるので、ムドーが場にポリ2を残してしまっても問題なくギャラのダイジェット展開を行えます。

技構成はかなり悩みました。2体目に出す際の起点回避として岩石封じが非常に欲しかったんですが、切れる技がなかったのでこの構成に落ち着きました。

 

ポリゴンZ

f:id:todorico:20200727231943j:plain
臆病 C252 S252  
161-a-90-187-95-156

受け崩し役。ギャラが出しにくい時に出すダイマ役です。

格闘にも勝てるようにヨプ持ち。

 

ポリゴン2

f:id:todorico:20200727231951j:plain
穏やか H228 B12 C4 D36 S228 
189-a-112-126-132-109

対受けループ役。汎用受け。
アシパハピナスの代わりにメタモン入り受けルの相手ができて、選出に組み込みやすいポケモンとして採用しました。

調整は、
Sは最速ガラガラ(s106)メタの受けポケを意識してs108以上、せっかくなのでs109にしてダイアタック後ウーラオス抜きにしました。
H-Dは特化ポリ2のトラアタを身代わりがほぼ耐えまで伸ばしました。

みがわり再生でTOD勝ちになった試合が1回あったので、上手く機能したと思います。

ムドーが起点作り役ではなく物理受けだと誤認させる効果を狙って、ポリ2ムドーと並べて配置していました。

 

ジバコイル 

f:id:todorico:20200727231954j:plain
臆病 B4 C252 S252
145-a-136-182-110-123

ドヒドイデ入り等に対してウーラオスの代わりに選出します。ウーラオスより対面性能は低いものの、Sを下げる技を持っているので2番目に出す場合の安定感はこちらが上です。

カムラはエレキネットと合わせてギャラストッパーになったり、1体倒したあと2体目に攻撃を当てたりと活躍しました。

金属音は相手のポリ2を引かせるため、また自分のポリ2のダウンロードの起点をつくるために採用しました。

 

選出

エアームド+ギャラドス+ウーラオス/ジバコイル/ポリゴン2
ギャラで荒らして3体目でタイマンを制す。

ポリゴンZ+ギャラ以外から2体
対面選出。

ポリゴンZ/ギャラドス+ポリゴン2+何か
対受け選出。

 

戦績

××○×○ ○○○○○
○○○○○ ○○○○○
××○○○ ○○○×○
×○×○○ ○×○○○
○○○○○ 

39勝6敗 最高最終1851

 

苦手な相手
・クレッフィ
・後攻ボルチェン

 

あとがき

とても楽しいルールでした。

1位を狙いに行きましたがあと少し届かず悔しいです。