とどりこのポケモンブログ

ポケモン対戦勢に役立つ情報を届けるブログ「とどポケ」

【S2シングル最終26位】ギャラヌルロンゲTOD

 

シーズン2にシングル最終26位と43位を達成した構築です。

全力でTODを狙う構築を組んでみたところ、とても性格悪い感じのパーティになりました。

f:id:todorico:20200202044323j:plain

 

 

構築経緯

試合終了時に残ポケモン数の多い方が勝ち、通称TODを積極的に狙う構築を目指しました。

始めは影踏みゴチルゼル軸を考えてましたが、ダイマックスでどこからでも高火力が飛んでくる8世代では嵌められる相手がほとんどいませんでした。

 

そこで、身代わり守るでどんなに高火力でも時間稼ぎができるオーロンゲに注目し、「初手ダイマックスで1体倒しクッションを挟んでオーロンゲにつなぐ」という展開を目指すことにしました。

「持ち時間実質7分45秒 +両者のダイマックス演出3分 +みがまも15ターン分3分半 +相手の思考時間 > 大抵15分」であり、3対2の状態で場にオーロンゲが着地した時点で勝ちがほぼ確定します。
※持ち時間が実質7分45秒なのは、持ち時間が0になってもコマンド時間45秒だけ猶予があるため

 

 

オーロンゲの相方には、火力要員には圧倒的技範囲と火力を持つギャラドスを、クッション要員にはダイマックス技を超耐久で耐えてとんぼがえりできるタイプ:ヌルを選びました。

f:id:todorico:20200201194225p:plainf:id:todorico:20200201194128p:plainf:id:todorico:20200201194111p:plain

 

軸が決定したので補完の3体を考えていきます。

ギャラヌルロンゲの弱点は以下の通り。

  • 天敵のニンフィアが居た場合はロンゲでTODできない
  • ギャラがアーマーガア、ナットレイ、エルフーンなどの物理受けと対面した場合は突破できない
  • リフレクターから展開されるとギャラが1体も持っていけないことが多い

これらをカバーするために試行錯誤し、最後まで迷走していました。

 

f:id:todorico:20200201194225p:plainf:id:todorico:20200201194128p:plainf:id:todorico:20200201194111p:plainf:id:todorico:20200201194301p:plainf:id:todorico:20200201194141p:plainf:id:todorico:20200201195118p:plain

f:id:todorico:20200201194225p:plainf:id:todorico:20200201194128p:plainf:id:todorico:20200201194111p:plainf:id:todorico:20200201194301p:plainf:id:todorico:20200201194141p:plainf:id:todorico:20200201194942p:plain

f:id:todorico:20200201194225p:plainf:id:todorico:20200201194128p:plainf:id:todorico:20200201194111p:plainf:id:todorico:20200201195118p:plainf:id:todorico:20200201194141p:plainf:id:todorico:20200201194838p:plain

f:id:todorico:20200201194225p:plainf:id:todorico:20200201194128p:plainf:id:todorico:20200201194111p:plainf:id:todorico:20200201194301p:plainf:id:todorico:20200201194637p:plainf:id:todorico:20200201195118p:plain

f:id:todorico:20200201194225p:plainf:id:todorico:20200201194128p:plainf:id:todorico:20200201194111p:plainf:id:todorico:20200201194652p:plainf:id:todorico:20200201194637p:plainf:id:todorico:20200201194720p:plain

f:id:todorico:20200201194225p:plainf:id:todorico:20200201194128p:plainf:id:todorico:20200201194111p:plainf:id:todorico:20200201194301p:plainf:id:todorico:20200201194207p:plainf:id:todorico:20200201194720p:plain

f:id:todorico:20200201194225p:plainf:id:todorico:20200201194128p:plainf:id:todorico:20200201194111p:plainf:id:todorico:20200201194301p:plainf:id:todorico:20200201194207p:plainf:id:todorico:20200201194141p:plain


最終的には
ヌルと合わせて手広く戦えるアイアント
身代わりエルフーンや壁展開に強いすり抜けシャンデラ
アーマーガアを強く牽制するパッチラゴン

をギャラヌルロンゲに加えて完成しました。

f:id:todorico:20200201211051j:plain 

 

個別解説

ギャラドス

f:id:todorico:20200201203207j:plain

h4 a252↑ s252
171-194-99-c-120-133

フルアタ小学生ギャラドス。
ジュラルドンや水ロトムを気にせずに選出できて最強でした。

意地にすることでサザンドラが確一になったり、ナットレイが食べ残し込み高乱2になったりします。ドラパルトにはヌルロンゲが強いので準速で十分でした。耐久に振るのもありだと思いますが、水ロトムを上から倒せたり準速キッスとの打ち合いに勝てたりしたので素直に準速ASぶっぱです。

ギャラは1体倒せたらお役御免で全抜きは求めていないので、自信過剰ではなく威嚇にしています。1体倒したあとメタモンが出てきても威嚇ならヌルでしっかり受けられます。

HB特化水ロトムすら8割で落とす火力があり、環境に遅いロトムしかいないようだったので幾多のロトムを葬りました。

 

 

タイプ:ヌル

f:id:todorico:20200201203203j:plain
h252 b252↑ d4
202-115-161-115-116-57

硬すぎ対面操作ポケモン。
中継役でありながら自身もTODを狙っていけるので臨機応変に動けます。

電磁波はエース役が上から殴れるようにするだけではなく、ロンゲのみがわりを残すためのアシストにもなります。

ギャラの威嚇やロンゲのソウルクラッシュで火力を削いでヌルで詰める動きは、カブトアーマーと合わせてかなり安定感があります。

 

 

オーロンゲ 

f:id:todorico:20200201203158j:plain
h180 a252↑ b52 d4 s20
193-189-92-c-96-83

ゲームメイクの理想としては「ギャラで1体落とす→ヌルに引いてとんぼ→ロンゲでみがまも→勝ち!」なのですが、ヌルが2発耐えない場合は別プランが必要で、その際ロンゲの不意打ちが活躍します。

プランBとしては、「ギャラで1体落とす→ヌルに引けないのでギャラで突っ張る→ロンゲを死に出しして不意打ちで縛る→ラスト1体になった相手をTOD」という流れになります。

したがって不意打ちの火力が欲しいためA極振りにしています。不意2発でドリュウズを処理できたり、すり抜けドラパルトの処理を迅速にできたり、火力が活きる場面がたくさんありました。

Sは麻痺サザンドラ抜き。オーロンゲミラーでも比較的上を取れます。

 

攻撃技が不意打ちだけだと使いにくいと思い、4枠目は攻撃技から選びました。当初はドレパンにしていましたがミミッキュに通らないので没にし、汎用技のソウルクラッシュにしました。

実は遅延性能だけではなく、ソルクラ不意で対面性能がそこそこ高いので殴り合いになっても強いです。

 

陰湿すぎてフレ戦で絶対使えないタイプのクソポケ。

 

 

シャンデラ

f:id:todorico:20200201203211j:plain 
c252↑ b4 s252
135-54-111-216-110-132

役割対象:エルフーン、壁展開、サニーゴ、アーマーガア、ナットレイ

サザンドラなどの後投げに対ししっかり負荷をかけて行きたかったので眼鏡を持たせています。ほとんど出さないので使用感がよくわかりません。ギャラロンゲのおやつのサザンドラを呼んでくれた気がするので選出画面で多分役立ちました。

 

 

パッチラゴン

f:id:todorico:20200201203201j:plain
h4 a244↑ b4 d4 s252
166-166-111-c-91-127

役割:アーマーガアの牽制

ヌルのとんぼからダイマミミッキュを確一にすべく意地スカーフにしています。
耐久に少し回しているのはダイマ時にサザンの流星群を耐える確率を上げるためです。

 

 

アイアント

f:id:todorico:20200201203213j:plain
h4 a252 s252↑
134-161-132-c-68-177

鉢巻ばかぢからはHB特化カビゴンを75%で飛ばす事ができます。鉢巻はかなり使いにくいですが、珠を想定した耐久を吹き飛ばせるのでメリットも大きいかなと思います。

 

 

 

選出

ギャラヌルロンゲf:id:todorico:20200201194225p:plainf:id:todorico:20200201194128p:plainf:id:todorico:20200201194111p:plain

ほぼこれしか出しません。選出率8割超え。
ギャラの餌であるドリュウズや水ロトムが先発に来て有利になることが多かったです。壁貼りロンゲをケアさせてギャラで奇襲できるのが本構築の強みの一つ。

 

ニンフィアがいたらロンゲの代わりにアイアント等を、ガアナットを重く見たらシャンデラ等を選出します。

 

 

TODのコツ

必ずストップウォッチかタイマーを用意し、YOUR TIMEが動き出した瞬間に計測を始めます。プレイヤーが別デバイスを用意して時間を計るなんて、ポケモンは面白いゲームです。

 

ゲーム序盤は出来る限り即決します。相手が時間を使うほど自分はTODしやすくなり、相手はTODしにくくなります。

TODが視野に入ってきたら、残り時間を把握します。基本的には残り時間が約何分かがそのまま残ターン数です。例えば残り5分で技を押した場合、そのターンを入れて残り5ターンだと判断できます。

残ターン数がわかったらみがまもの時間稼ぎが成立するかどうかがわかります。間に合いそうになければ不意打ちでロンゲを切って裏で殴り合いをした方が勝率が良かったりします。

 

技の一番上はみがわりや眠るにしておきます。自動選択されるので持ち時間をフルに使うことができて便利です。

 

 

反省

負けパターンは、

  • ギャラドスが返り討ちに合う(カウンター持ちのカビゴン/エースバーン等、カビゴンのダイサンダー)
  • ギャラが安全に殴り始められる対面を選んでたら、ガルドなどにヌル対面でみがわりされ逆TODされる
  • シャンデラを出さなかったときのコオリッポ
  • ヌルアントに上手いこと回される

などです。
カビゴンが最強すぎました。

 

最終日まで構成をコロコロしていましたが、もっと早めに構築を練っておくべきだと反省しています。

 

 

成績

f:id:todorico:20200201225102j:plainf:id:todorico:20200201225105j:plain

最終26位と43位でした。

 

 

あとがき

TODに辟易したユーザーは多かったようですが、私は楽しめました。6世代はストーリーエンジョイ勢で当時のTODを経験しなかった私にとっては、今回のTOD推奨ルールは新鮮で面白かったです。先に3体倒すゲームというよりかは、15分後の盤面をどう作るかというゲームに思えました。

こんな悪趣味な構築使ってる人は少ないだろうなあと思っていましたが、TODロンゲ軸っぽい構築には何回もマッチングしましたし、残飯ガルドやカビゴン等、上位はみんなTODを勝ち筋の1つにできるように構築を作っていたように見えました。
制限時間のルール1つで様相がガラッと変わるのは興味深いですね。

 

今月のランクバトルは試合時間が15分から20分に変更されたようなので、本構築はかなり弱くなりました。15分はTODしろと言わんばかりの短さだったので20分の方が良いですね。

私としては、コマンドが決まってるのに時間を使ってボタン押す遅延が戦略になるのってゲーム性としてどうなの?と思うので、時間制限ではなくターン制限にして30ターン上限などに設定すればいいんじゃないかなと思ってます。公式大会のタイムスケジュールを意識したルール設計をランクバトルの場で実験しているんでしょうか。

 

今回は初めて最終日にしっかり対戦してみて、良い感じの成績を収めることができて満足しています。

今作はゲーム内でリアルタイムの順位を確認できる仕様なので、順位更新ボタンをぽちぽちしてみましたが、夜中なのに1時間経つと30位→40位になるといった有様でびっくりしました。最終順位を高くしたいなら最終日潜らないと土俵にも立てないと実感するとともに、上位勢はいつもこんなに頑張っていたんだなあなんて思いました。

 

今回も一人で構築組んで対戦してましたが、たまに誰かに相談したいなーと思うこともあるので、誰か構築を練る仲間になってください。「死ぬ気で上を目指す!」ではなく「面白いことしたい。ついでに勝ちたい!」程度の気概なので価値観が合う方は是非。